住所  兵庫県神戸市北区有野中町1-8-7(岡場駅徒歩2分)
 受付時間     午前    9:00 〜 12:20
     午後  15:30 〜 20:00
定休日    木曜・土曜午後、日曜・祝日

プロの先生も絶賛する整体技術!のべ23,000人以上の施術実績!

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、腰の痛みや不快なしびれが特徴です。整形外科などで電気治療や牽引を受けても、思ったような効果が出ずにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

「脊柱管狭窄症の改善は時間がかかる」「手術しか改善方法がない」といわれてしまい、ショックを受けたという方も少なくありません。神戸市北区、岡場駅から徒歩2分のこーけん整骨院では脊柱管狭窄症の根本原因を追究し、症状が起きにくい身体づくりに取り組んでいます。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は、こーけん整骨院までご相談ください。

脊柱管狭窄症でこのようなお悩みはありませんか?

  • 病院で手術をすすめられているが、できるだけ手術はしたくない
  • 友人や家族と旅行に行って迷惑かけないか不安
  • このまま歩けなくなってしまわないか心配
  • 長く病院に通っているが薬と湿布しか出してもらえない
  • 最近さらに前かがみ姿勢がひどくなって家族や友人に姿勢が悪いと言われる
  • 5分歩くとお尻から脚が重だるくて仕方がない
  • 自分なりに体操やストレッチをしているが効果がない

そのつらい症状、
当院が改善に導きます

当院が改善に導きます

長い時間歩いていると、背中を丸めて休憩せずにはいられない。

ゆっくりしか歩けなくなって後ろからどんどん人に追い抜かされていく

病院では手術した方がいいと言われたが、確率は半々とも言われた

もう何年も病院に行って薬をもらってくるだけの生活になっている。症状は一向によくならない。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症では、腰痛はあまり強くない事が多く、また安静にしている時には症状はあまりありません。特徴的な症状としては背中を伸ばしてしばらく歩いているとふとももや膝から下にしびれや痛みが出てだんだんと歩きずらくなってくる(間欠性跛行)、しゃがんだり前かがみで腰を丸める姿勢をとるとしびれや痛みが軽減されるという症状です。

そのため、座っている時や、自転車に乗っている時など腰を丸めた姿勢でいる時には無症状である時がほとんどです。

脊柱管狭窄症には3つのタイプがあります。

・神経根型

馬尾神経からさらに枝分かれした神経の根元の神経根が圧迫される症状です。片側に起こる事がほとんどで腰部脊柱管狭窄症の7割がこのタイプといわれています。圧迫されている側の足にしびれや痛みが出ます。

・馬尾型

馬尾神経という神経の末端にある神経の束が圧迫されて発症します。神経紺型が主に片足側に出るのに対して、馬尾型は両足側に出る事が多く、より多くの神経が障害を受けるので痛みやしびれ以外にも足の筋力低下や感覚異常、膀胱・直腸障害が起こり、排尿・排便のコントロールが効かなくなることがあります。

・混合型

神経根型と馬尾型が合わさる場合で、両方の症状が出る事が考えられます。

脊柱管狭窄症の起こる原因

脊柱管狭窄症の起こる原因

脊柱管狭窄症イメージ写真
腰部脊柱管とは背骨内部の神経や脊髄の通り道である脊柱管が狭くなる病気です。この病気では、脊柱管が狭くなることによって内部の神経や脊髄が圧迫され、腰痛や下肢の痛みやしびれなどさまざまな症状が現れます。原因は、加齢によって椎骨が変形したり、脊柱管の後ろ側にあるじん帯が厚くなったりすることで神経を圧迫してしまうことです。好発年齢は60~70才代ですが、早い人では40代後半から発症し、年をとるにつれて発症頻度が高くなります。

日常、前かがみの姿勢等をとることが多いと、前に倒れて行こうとする身体を支えるために後方の靭帯、筋肉に過度の負荷がかかるようになります。それを長く続けていると、その状況に適応しようとして特に後方の靭帯は肥厚して分厚くなる変性をおこし、前かがみの姿勢を維持しようとします。つまり、知らず知らずのうちに、前かがみで生活することのみに適した身体に変形していってしまうのです。

60~70代で発症する事が多いのは加齢による蓄積と、定年退職等による環境の変化で活動量が減少するため、肥厚した靭帯の柔軟性が減少し固くなり、直立した歩行姿勢をとった時に、靭帯が神経を圧迫してしまうためと考えられます。

脊柱管狭窄症の症状を改善するには?

根気強く次のように順序立てて改善していくことが必要になります。

①動きが悪くなった関節を見極め、動きをつけていき歪み傾きを正していく

これは、圧迫されている部分のみではなく、土台となる骨盤や背骨のそれぞれの関節について行っていく必要があります。

②悪化させてきた原因を取り除く

今まで行ってきた行動、姿勢、身体の使い方に問題がある事が多いので、見直し改善していく事は、よくなってから再発させない身体を獲得するためにも必要です

③歩行動作を改善させる

施術によって改善した状態を維持、さらに向上させていくには、歩行を行い、骨盤・脊椎の滑らかな動きを再獲得していく必要があります。脊柱管狭窄症の特徴として歩行障害があげられるのですが、歩きにくいから歩かないという負の循環に陥る事無く、積極的に歩行訓練を行っていく事が大切です。

いずれにしても長期に渡って組織変性を起こした結果、発症しているものなので最低3ヵ月から半年、場合によっては1年以上の期間が必要な場合もあります。

こーけん整骨院があなたをツラい症状から解放します!

神戸市北区、岡場駅から徒歩2分という恵まれた立地に位置するこーけん整骨院は、多くの同業者からも高い評価を受けている神戸市北区で人気の整骨院です。のべ23,000人以上のお客様が、当院の施術で健康を取り戻してきました。国家資格を持つ院長が、カウンセリングから施術までを一貫して行います。健康上のお悩みをどうぞお気軽にお話しください。

施術を受けたお客様からは「手術しか方法がないといわれていたが、長時間歩いても平気になった」「背筋がしゃんと伸びて視点が高くなったようだ」という感想も寄せられました。脊柱管狭窄症の根本改善なら、こーけん整骨院までご相談ください。

こーけん整骨院ロゴ

こーけん整骨院電話番号

ネット予約はこちら

LINE予約はこちら

 受付時間     午前    9:00 〜 12:20
     午後  15:30 〜 20:00
定休日    木曜・土曜午後、日曜・祝日

〒651-1313神戸市北区有野中町1-8-7(岡場駅南へ2分)

Copyright© 岡場駅徒歩2分の整骨院【こーけん整骨院】|慢性腰痛専門 , 2021 All Rights Reserved.